トップページ │ トビナナフシの窓 │ トビナナフシ日記 │フォトアルバム │ 昆虫アルバム │ 分布調査 │ リンク
トゲナナフシ Neohirasea japonica      飼育記録 bP トゲナナフシ
(2009年7月31日〜2010年3月31日)
日本のナナフシ:トゲナナフシ

このページでは、トゲナナフシの飼育中の観察について記録していきます。



2009年7月31日(金)
 トゲナナフシの飼育開始
トゲナナフシ トゲナナフシの頭部と胸部 キイチゴの葉を食べるトゲナナフシ
トゲナナフシが来ました

 本日、静岡県のカマキリなどの昆虫飼育家の方からトゲナナフシ(とタイワントビナナフシ)をいただきました。以前、石川県の方から送っていただいた時に失敗した種類なので、大切に飼育開始です。

 産地は、静岡県熱海市。
 全部で14頭です。(体長:約41o〜70o)
 体色は、焦げ茶色・薄茶色・乳白色などです。
 乳白色の個体は、背面の一部に緑色が混ざっています。

 名前の通り、体中に小さなトゲがあります。
飼育ケースにキイチゴの葉を入れたところ、すぐに食べ始めました。(画像:右)
じっとしていることが多いのですが、動き出すと思いのほか素早い動きで歩き回ります。

飼育ケースの中には、卵が4個ありました。おそらく70ミリの個体が産んだと思われます。
2009年8月2日(日)
 トゲナナフシが1頭2頭死亡
 飼育ケースを見ると、1頭2頭死亡していました。
61ミリの個体と41ミリの個体です。輸送中に傷ついていたようです。
訂正 : 上記の61ミリの個体は、動かなかったので死亡したと思ったのですが、前肢が両方取れていて動きが不自由になっているだけで現在も生きています。(2009年8月4日)
2009年8月6日(木)
 トゲナナフシが1頭死亡
 8月2日に死亡したと思っていた61ミリの個体は、前肢が無い状態でも何とかエサの葉を食べていましたが、本日死亡していました。
上へ戻る


2009年8月11日(火)
 トゲナナフシが脱皮
トゲナナフシの脱皮 トゲナナフシの脱皮 トゲナナフシの脱皮
トゲナナフシが脱皮しました

 本日、午前9時半頃、トビナナフシの1頭が脱皮していました。すでに体全体が殻から出て静止しているところでした。しばらくすると、脱皮殻を食べ始めました。
脱皮殻には、トゲの跡がそのまま残っています。
上へ戻る

2009年8月20日(木)
 トゲナナフシの卵
トゲナナフシの卵 トゲナナフシの卵 トゲナナフシの卵
トゲナナフシが順調に産卵しています

 成虫になっているトゲナナフシは、順調に産卵を続けています。
先日の8月13日には62個の卵を回収しました。
本日は、54個の卵を回収しています。(画像)
7月31日の4個を含めて、合計で120個になります。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
上へ戻る

2009年8月27日(木)
 トゲナナフシのエサ
ミズナラを食べるトゲナナフシ ミズナラを食べるトゲナナフシ ミズナラを食べるトゲナナフシ
ミズナラの葉をトゲナナフシが食べています

 トゲナナフシのエサにはキイチゴを与えていましたが、ほとんど枯れていたのでミズナラの葉を与えてみました。
すぐにミズナラの葉を食べ始めました。
念の為、キイチゴの葉を明日にでも入れようと思います。
2009年8月28日(金)
 トゲナナフシの卵
トゲナナフシが順調に産卵しています

 成虫になっているトゲナナフシは、順調に産卵を続けています。
本日は、110個の卵を回収しています。合計で230個になります。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
2009年9月5日(土)
 トゲナナフシの卵
トゲナナフシが順調に産卵しています

 成虫になっているトゲナナフシは、順調に産卵を続けています。
本日は、122個の卵を回収しています。合計で352個になります。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
2009年9月14日(月)
 トゲナナフシの卵
トゲナナフシが順調に産卵しています

 成虫になっているトゲナナフシは、順調に産卵を続けています。
本日は、136個の卵を回収しています。合計で488個になります。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
2009年9月23日(水)
 トゲナナフシの卵
トゲナナフシが順調に産卵しています

 成虫になっているトゲナナフシは、順調に産卵を続けています。
本日は、123個の卵を回収しています。合計で611個になります。
卵を良く見ると、大きな卵と小さな卵があります。親個体の大きさの違いのようです。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
2009年10月4日(日)
 トゲナナフシの卵
トゲナナフシが順調に産卵しています

 成虫になっているトゲナナフシは、順調に産卵を続けています。
本日は、137個の卵を回収しています。合計で748個になります。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
上へ戻る

2009年10月9日(金)
 野外で初採集のトゲナナフシのオス
トゲナナフシのオスが野外で初めて確認されたそうです

 トゲナナフシのオスは、飼育下で1例が確認されているだけでしたが、京都府の方が8月に野外で採集したそうです。ナナフシの仲間は、メスだけで単為生殖をするものが多く、オスが見つかっていない種類がたくさんいます。シラキトビナナフシの場合は、野外はもちろん飼育下でもオスが発見されていません。数百頭を見てきましたが、オスは1頭も見ていません。

 今回のトゲナナフシのオスの野外発見の記事は、アサヒ・コムに載っていました。
⇒ 2009年9月28日付「asahi.com」 (画像も載っています)
2009年10月11日(日)
 トゲナナフシの卵
トゲナナフシが順調に産卵しています

 成虫になっているトゲナナフシは、順調に産卵を続けています。
本日は、84個の卵を回収しています。合計で832個になります。

 エサのキイチゴを交換しましたが、トゲナナフシはあまりたくさん食べないようです。
コナラの葉も食べています。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
2009年10月20日(火)
 トゲナナフシの卵
トゲナナフシが順調に産卵しています

 成虫になっているトゲナナフシは、順調に産卵を続けています。
本日は、184個の卵を回収しています。合計で1016個になります。

 エサのキイチゴを交換しましたが、トゲナナフシはあまりたくさん食べないようです。
動きもゆっくりしています。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
2009年10月30日(金)
 トゲナナフシの卵
トゲナナフシが順調に産卵しています

 成虫になっているトゲナナフシは、順調に産卵を続けています。
本日は、190個の卵を回収しています。合計で1206個になります。

 エサのキイチゴを交換しましたが、トゲナナフシはあまりたくさん食べないようです。
動きもゆっくりしています。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
2009年11月7日(土)
 トゲナナフシの卵
トゲナナフシが順調に産卵しています

 1頭が死亡していました。残っている成虫11頭は、順調に産卵を続けています。
本日は、172個の卵を回収しています。合計で1378個になります。

 エサのキイチゴを交換しましたが、トゲナナフシはあまりたくさん食べないようです。
動きもゆっくりしています。気温が下がってきたので、山のキイチゴが枯れ始めています。持ってもあと半月くらいです。冬場のエサが大変です。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
2009年11月14日(土)
 トゲナナフシの卵
トゲナナフシが順調に産卵しています

 残っている成虫11頭が、順調に産卵を続けています。
本日は、124個の卵を回収しています。合計で1502個になります。

 エサのキイチゴをが枯れてしまいましたが、交換用のキイチゴを用意できませんでした。クリの葉とイボタノキを与えてみました。食べてくれるといいのですが・・・。
 気温が下がってきたので、山のキイチゴが枯れています。冬場のエサが大変です。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
2009年11月23日(月)
 トゲナナフシの卵
トゲナナフシが順調に産卵しています

 残っている成虫11頭が、順調に産卵を続けています。
本日は、197個の卵を回収しています。合計で1699個になります。

 前回に与えたクリの葉は、良く食べていました。しかし、イボタノキはまったく食べませんでした。
クリの葉は、枯れ方が早いので、本日、山へ行ってわずかに残っているキイチゴの葉を与えました。やはり食いつきがいいです。雪が積もってきたので、山のキイチゴがほとんど枯れています。冬場のエサが大変です。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
上へ戻る

2009年12月1日(火)
 トゲナナフシのエサ
イチゴを食べるトゲナナフシ イチゴを食べるトゲナナフシ イチゴを食べるトゲナナフシ
トゲナナフシがイチゴの葉を食べています

 山のキイチゴが完全に枯れてしまい野外でのエサがなくなりました。トゲナナフシは多食性なので様々な植物を食べますが、この時期になると緑の葉をつけているエサになる植物がありません。
 イチゴの苗を与えたところ、良く食べています。イチゴの苗は、冬でも葉をつけているのでエサとしては十分です。
 このところ、エサが不十分だったので1頭が死亡してしまいました。
2009年12月6日(日)
 トゲナナフシの卵
トゲナナフシが順調に産卵しています

 成虫になっているトゲナナフシは、順調に産卵を続けています。
本日は、214個の卵を回収しています。合計で1913個になります。

 エサのイチゴは、あっという間に食べつくされてしまいました。十分なエサが確保できないでいたところ1頭が死亡してしまいました。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
2009年12月13日(日)
 トゲナナフシの死亡
トゲナナフシのエサが不十分です

 山のキイチゴがなくなり、イチゴの苗を与えましたが、すぐに食べつくされました。
山から様々な緑の植物を持ってきて与えていますが、食べないものは食べません。
そうこうしているうちに、また1頭が死亡しました。

 明日から、イチゴの苗で飼育していくことにします。
2009年12月15日(火)
 トゲナナフシのエサと産卵
トゲナナフシとイチゴ トゲナナフシとイチゴ トゲナナフシの卵
トゲナナフシが産卵しています

 最近は、エサ不足のために立て続けに死亡する個体が出てしまいました。
残っている成虫は8頭ですが、引き続き産卵を続けています。
本日は、165個の卵を回収しています。合計で2078個になります。

イチゴの苗をエサにしました

 エサの確保が困難になってきたこともあり、イチゴの苗を2鉢入れて飼育することにしました。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
上へ戻る

2009年12月25日(金)
 トゲナナフシの孵化(1)
トゲナナフシの卵 トゲナナフシの初令幼虫 トゲナナフシの初令幼虫
トゲナナフシが孵化しました・・・累代成功

 7月31日にトゲナナフシが我家に来たとき、送られてきたケースの中にあった4個の卵をペットボトルのキャップに入れて保管していました。
 その中から2頭が孵化してきました。
体長は、約11ミリくらいと小さめな幼虫です。イチゴの葉を与えてみました。
 ストーブのついた部屋に入れておいたので、暖かさのため約5ヵ月弱で孵化してきたことになります。寒い場所に保管している卵は孵化していません。
2009年12月28日(月)
 トゲナナフシの孵化(2)
トゲナナフシの初令幼虫 トゲナナフシの初令幼虫 トゲナナフシの初令幼虫
トゲナナフシが孵化しました・・・累代成功

 本日夜、7月31日の卵から、1頭孵化していました。
体長は、約11ミリくらいですが、元気に動いています。イチゴの葉を与えてみました。

 先日孵化した2頭は、イチゴの葉の入ったケースの中でじっとしています。小さいので、イチゴの葉を食べているのかどうか良くわからないのですが、小さな食痕らしきものは確認できています。
このまま、無事に育ってくれると良いのですが・・・。
上へ戻る

2010年1月1日(金)
 トゲナナフシの産卵
トゲナナフシが産卵しています

 エサのイチゴの苗を入れてからは、死亡する個体は出ていません。
残っている成虫は8頭ですが、引き続き産卵を続けています。
本日は、104個の卵を回収しています。合計で2182個になります。

新鮮なエサに交換しました

 イチゴの苗(2鉢)が食べつくされ、エサが困っていたところ、静岡県の方からキイチゴ類・シダ類・ヤツデ類などを送っていただきました。さっそくこれらを入れて見ると、すぐに食いつき始めました。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
2010年1月3日(日)
 トゲナナフシの初令の様子
トゲナナフシの初令 トゲナナフシの初令 トゲナナフシの初令
トゲナナフシの初令の様子

 12月25日と28日孵化していた幼虫は、イチゴの苗を食べながら来ました。
静岡の方から送られたキイチゴ類やツユクサを与えたところ、食いつき方が非常に良く、食痕もはっきりとしており、糞も多くなりました。
このまま無事に育ってくれそうです。
2010年1月4日(月)
 トゲナナフシの孵化(3)
トゲナナフシの初令 トゲナナフシの初令 トゲナナフシの初令
トゲナナフシが孵化しました・・・4頭目

 本日、7月31日の卵から、1頭が孵化していました。
体長は、約11ミリくらいですが、元気に動いています。
先日孵化していた3頭と一緒の飼育ケースに入れました。

 2009年7月31日の卵4個は、これですべて孵化したことになります。
冬(低温)を経験することなく室温で孵化したことになります。
上へ戻る

2010年1月17日(日)
 トゲナナフシの初令の様子
トゲナナフシ幼虫 トゲナナフシ幼虫と脱皮殻 トゲナナフシ幼虫
トゲナナフシの初令の様子

 4頭の幼虫は、野イチゴの葉を食べながら無事に成長しています。
脱皮殻が残っており、確実に令を進めています。(画像:中)
体長は、約11ミリ、約14ミリ、約19ミリが確認できました。
それぞれ初令・2令・3令かと思われます。
野イチゴの葉は枯れていますが、トゲナナフシは、ケースの底に近い枯れた部分に止まっていることが多いです。
上へ戻る

2010年1月26日(火)
 トゲナナフシの産卵とエサ
トゲナナフシの卵 ソヨゴ ヤツデの食痕
トゲナナフシが産卵しています

 残っている成虫は6頭ですが、引き続き産卵を続けています。
本日は、193個の卵を回収しています。合計で2375個になります。

新鮮なエサに交換しました

 石川県の方から「ソヨゴ」と「ヤツデ」を送っていただきました。さっそくこれらを入れて見ると、どちらもすぐに食いつき始めました。特に、ヤツデは大きな葉で厚さもありバリバリした感じなのですが、非常に良く食いつきます。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
2010年2月1日(月)
 トゲナナフシUの様子
トゲナナフシの4令 トゲナナフシの3令 ヤツデの食痕
トゲナナフシUの様子

 4頭の幼虫は、野イチゴの葉を食べながら無事に成長しています。
一回りずつ大きくなってきています。体長は、約14ミリ、約18ミリ、約24ミリが確認できました。
それぞれ2令・3令(画像:中)・4令(画像:左)かと思われます。
野イチゴの葉は枯れていますが、トゲナナフシは、ケースの底に近い枯れた部分に止まっていることが多いです。
 右の画像は、トゲナナフシの成虫が食べた「ヤツデ」の食痕です。かなり堅い葉ですが、良く食べています。
 1月30日には、成虫の1頭が死亡してしまいました。残る成虫は、5頭となっています。
上へ戻る

2010年2月14日(日)
 トゲナナフシUの様子
トゲナナフシの幼虫 トゲナナフシの幼虫 トゲナナフシの成虫
トゲナナフシUの様子

 4頭の幼虫は、ヤツデの若葉を食べながら無事に成長しています。(画像:左・中)
体表のトゲがはっきり見えてきました。体長は、約23ミリ(4令)、約23ミリ(4令)、約32ミリ(5令)、約36ミリ(5令)が確認できました。
 トゲナナフシの産卵とエサ
トゲナナフシの成虫

 トゲナナフシの成虫は、「ヤツデ」「ソヨゴ」を与えたときに5頭いましたが、その後、エサが乾燥してしまい、3頭も成虫が死亡してしまいました。残る成虫は、2頭となっています。時期的にも、寿命の可能性もあります。

トゲナナフシが産卵しています

 残っていた成虫は5頭でしたが、卵は50個しか回収できませんでした。かなり早い時期に産卵ができないほど弱ってきたのかもしれません。
本日は、50個の卵の回収なので、合計で2425個になります。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
上へ戻る

2010年2月27日(土)
 トゲナナフシUの様子
トゲナナフシ トゲナナフシの脱皮殻 トゲナナフシのトゲ
トゲナナフシUの様子

 4頭の幼虫は、ヤツデの若葉やツユクサ・ノバラを食べながら成長しています。(画像:左)
脱皮殻が2つケースの底に残っていました。(画像:中)
体長は、約24ミリ(4令)、約34ミリ(5令)、約35ミリ(5令)、約44ミリ(6令)が確認できました。
30ミリを超え始めるとトゲがはっきりと見えるようになります。(画像:右)
2010年2月28日(日)
 トゲナナフシUの脱皮
トゲナナフシの脱皮 トゲナナフシの脱皮 トゲナナフシの脱皮
トゲナナフシUの脱皮

 午前11時30分頃、昨日、24ミリだった個体が脱皮を終えるところでした。
腹端で脱皮殻にぶら下がり静止していました。数分で体を持ち上げ、しばらくすると脱皮殻を食べ始めました。
 さらに34ミリだった個体も気がつくと脱皮したようで、約44ミリになっていました。
上へ戻る

2010年3月3日(水)
 トゲナナフシUの孵化(1)
トゲナナフシの孵化 トゲナナフシの孵化 トゲナナフシの初令
トゲナナフシUの孵化(1)・・・孵化合計20頭

 3月に入り気温が高くなってきました。保管中のナナフシの卵を確認したところ、トゲナナフシがたくさん孵化していました。その数、20頭です。(画像:左・中)
 卵は約1週間ごとにケースで保管していますが、今回孵化してきたのは、2009年8月13日に回収した卵(62個)です。冬になってからは数度の室温で保管していましたが、思ったよりも早い孵化でした。約6ヶ月半の休眠期間になります。
ツユクサをエサにして飼育を開始しました。(画像:右)

トゲナナフシ成虫の死亡

 2頭になっていた成虫の内、1頭が死亡していました。エサは十分にあったので、寿命と思われます。これで、成虫は残り1頭となりました。
2010年3月4日(木)
 トゲナナフシUの孵化(2)
トゲナナフシの孵化 トゲナナフシの孵化 トゲナナフシの孵化
トゲナナフシUの孵化(2)・・・孵化合計41頭

 昨日の孵化が20頭だったので、今日は数頭の孵化かと思っていましたが、昨日と同じ20頭が孵化していました。徐々に孵化数が増えるのでなく、一気に孵化してくるようです。
 また、2009年8月20日に回収した卵(54個)からも1頭が孵化していました。
これから孵化のラッシュが始まるようです。
肢や腹端に卵の殻を付けている個体が数頭見られたので、やや乾燥気味のようです。霧吹きで水分を与えておきました。
2010年3月5日(金)
 トゲナナフシUの孵化(3)
トゲナナフシUの孵化(3)・・・孵化合計50頭

 本日は、2009年8月13日に回収した卵(62個)から3頭が孵化しました。
 また、2009年8月20日に回収した卵(54個)からは6頭が孵化しました。
昨日、水分を与えたためか、卵の殻をつけた個体は見られませんでした。
たったの3日間で50頭の孵化になりました。孵化が急激すぎます。
2010年3月6日(土)
 トゲナナフシUの孵化(4)
トゲナナフシUの孵化(4)・・・孵化合計61頭

 本日は、2009年8月13日に回収した卵(62個)から4頭が孵化しました。
 また、2009年8月20日に回収した卵(54個)からは7頭が孵化しました。
 本日の合計11頭です。
2010年3月8日(月)
 トゲナナフシUの孵化(5)
トゲナナフシUの孵化(5)・・・孵化合計84頭

 3月7日(日)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)から2頭が孵化しました。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは13頭が孵化しました。
 7日の合計15頭です。

 3月8日(月)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは7頭が孵化しました。
 新たに、8月28日に回収した卵(110個)から1頭が孵化しました。
 8日の合計8頭です。
孵化数の記録はこちらです。
上へ戻る

2010年3月11日(木)
 トゲナナフシUの孵化(6)
ツユクサの食痕 ツユクサの食痕 トゲナナフシの初令の死亡
トゲナナフシUの孵化(6)・・・孵化合計94頭

 3月9日(火)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは1頭が孵化しました。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは1頭が孵化しました。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは1頭が孵化しました。
 9日の合計3頭です。
 体長は、約10ミリと約11ミリあります。

  3月10日(水)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは1頭が孵化しました。
 10日の合計1頭です。

 エサのノバラがほとんど枯れてきたためか、死亡する個体が増えてきました。(画像:右)
ツユクサには、食痕がついていますし、(画像:左・中)今までほとんど死亡していなかったのですが、ここに来て急激に死亡個体が増えました。
 考えられる原因としては、乾燥気味だったので、9日に霧吹きで水をたくさん吹きつけたのがあります。飼育ケース内が蒸れ過ぎたのかもしれません。

  3月11日(木)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは3頭が孵化しました。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは3頭が孵化しました。
 10日の合計6頭です。
  
 この日の6頭は、飼育ケースを変えて、イチゴの葉を与えてみました。
 トゲナナフシUの様子
トゲナナフシU トゲナナフシU トゲナナフシU
トゲナナフシUの様子

 年末に孵化した4頭の幼虫は、無事に成長しています。
体長は、約34ミリ、約40ミリ、約43ミリ、約53ミリになっています。
約53ミリの個体は、次の脱皮で成虫になると思われます。

昨年の夏からいる親の成虫は、1頭だけ生きています。
2010年3月15日(月)
 トゲナナフシUの孵化(7)
イチゴの葉とトゲナナフシ イチゴの葉とトゲナナフシ イチゴの葉とトゲナナフシ
トゲナナフシUの孵化(7)・・・孵化合計106頭

 3月12日(金)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは7頭が孵化しました。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは2頭が孵化しました。
 10日の合計9頭です。
 体長は、約8ミリ〜11ミリあります。

 3月14日(日)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは1頭が孵化しました。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは2頭が孵化しました。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは2頭が孵化しました。
 10日の合計5頭です。
 飼育ケースの中では、やはり大量に死亡しています。

 3月15日(月)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは8頭が孵化しました。
 10日の合計8頭です。
孵化数の記録はこちらです。
上へ戻る

2010年3月21日(日)
 トゲナナフシの成虫
トゲナナフシの卵(21個) トゲナナフシの成虫 トゲナナフシの成虫
トゲナナフシの成虫が産卵しています

 残っていた成虫は1頭でしたが、卵は21個を回収出来ました。前回の回収から約30数日経っているので、平均して約2日に1個の割合で卵を産んでいます。
本日は、21個の卵の回収なので、合計で2446個になります。

成虫は、マサキの葉とヤツデの葉を食べています。

 トゲナナフシの産卵数は、こちらを参考にして下さい。
 トゲナナフシUの孵化(8)
イチゴの葉とトゲナナフシ イチゴの葉とトゲナナフシ イチゴの葉とトゲナナフシ
トゲナナフシUの孵化(8)・・・孵化合計106頭

 3月16日(火)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは1頭が孵化しました。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは2頭が孵化しました。
 16日の合計3頭です。

 3月17日(水)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは9頭が孵化しました。
 17日の合計9頭です。

 3月19日(金)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは6頭が孵化しました。
 19日の合計6頭です。

 3月20日(土)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは7頭が孵化しました。
 20日の合計7頭です。

 3月21日(日)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは2頭が孵化しました。
 10日の合計2頭です。
 依然として死亡する個体が減りません。本日確認したところ10頭が死亡しています。
孵化数の記録はこちらです。
上へ戻る

最新日記

2010年3月23日(火)
 トゲナナフシUの脱皮
トゲナナフシの脱皮 トゲナナフシの脱皮 トゲナナフシの脱皮殻
トゲナナフシUの脱皮

 12月28日孵化のトゲナナフシ3号が脱皮中でした。すでに、殻を脱いで体を反転して静止しているところでした。体長は、約52ミリあるので、メスの成虫のようです。
2010年3月24日(水)
 トゲナナフシUの孵化(9)と2令脱皮
トゲナナフシUの孵化(9)と2令脱皮・・・孵化合計110頭

 3月になってから孵化した幼虫は、かなりの数が死亡してしまいましたが(画像:右)、その中で、無事に2令に脱皮したものがいます。(画像:左)
体長を測ってみると約18ミリあります。

 3月24日(水)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは1頭が孵化しました。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは3頭が孵化しました。
 24日の合計4頭です。
2010年3月26日(金)
 トゲナナフシUの様子と孵化(10)
トゲナナフシU トゲナナフシU マサキの食痕
トゲナナフシUの様子

 年末に孵化した4頭の幼虫は、無事に成長しています。
体長は、約46ミリ、約52ミリ、約54ミリ、約55ミリになっています。
約53ミリの個体は、次の脱皮で成虫になると思われます。

昨年の夏からいる親の成虫は、1頭だけ生きて産卵をしています。

 3月26日(金)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは6頭が孵化しました。
 26日の合計6頭です。
2010年3月31日(水)
 トゲナナフシUの孵化(11)
トゲナナフシUの孵化(9)と2令脱皮・・・孵化合計124頭

 3月27日(土)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは1頭が孵化しました。
 27日の合計1頭です。

 3月29日(月)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは6頭が孵化しました。
 29日の合計6頭です。

 3月30日(火)
 2009年8月13日に回収した卵(62個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月20日に回収した卵(54個)からは孵化がありませんでした。
 2009年8月28日に回収した卵(110個)からは1頭が孵化しました。
 26日の合計1頭です。
孵化数の記録はこちらです。
上へ戻る

トゲナナフシの観察と飼育は、今後も継続します。

上へ戻る

トップページ │ トビナナフシの窓 │ トビナナフシ日記 │フォトアルバム │ 昆虫アルバム │ 分布調査 │ リンク
inserted by FC2 system