学 名 Micadina conifera ( Chen & He, 1997 )
和 名 シラキトビナナフシ
分 類 order Phasmida
suborder Verophasmatodea
infraorder Anareolatae
family Diapheromeridae
subfamily Necrosciinae
tribe Necrosciini
genus Micadina
species Micadina conifera
分 布 北海道・本州(青森県以南、宮城県・神奈川県以外)、四国(愛媛県) :中国(湖北省・四川省)
体 長 ♂ : (未知) ♀ : 43〜52o ( 67〜78o )
特 徴 有翅(メス)。 体色:緑色。触覚は前肢より長い。
後翅の膜質部はピンク色をしている。
前肢腿節基部が黄色い。前胸から後翅にかけて赤紫色の帯がある。第8腹部の後端にY字状の突起がある。
単為生殖。オスは発見されていない。
卵越冬で年1化。
食植物 ブナ・ミズナラ・コナラ・クリなど
シラキトビナナフシの卵 シラキトビナナフシの卵(拡大)
幼 虫 シラキトビナナフシの初令 シラキトビナナフシの2令

シラキトビナナフシの4令 シラキトビナナフシの6令
成 虫 シラキトビナナフシの成虫(野外) シラキトビナナフシの成虫(飼育)
文 献 ・Chen, S.C. & Y.H. He. 1997. Insects of the Three Gorge Reservoir area of Yangtze River   119
・Otte & Brock. 2005. Phasmida Species File. Catalog of Stick and Leaf Insects of the world  203
・Hennemann, Conle & W. Zhang. 2008. Zootaxa 1735:16
・Chen, S.C. & Y.H. He. 2008. Phasmatodea of China 123, fig. 87
・Suzuki. 2010. PSG Newsletter 123-124:7, fig.
・Ichikawa & Okada. 2008. Tettigonia 9:18
「ナナフシのすべて」 岡田正哉著 トンボ出版 1999
日本産直翅類標準図鑑. The Standard of Polyneoptera in Japan 町田龍一郎 (監修)・日本直翅類学会 (編), 2016
参 照  トビナナフシの窓(シラキトビナナフシについて載っています)
 シラキトビナナフシの分布地図
 シラキトビナナフシの野外観察・飼育記録
備 考  学名が変更になっています。Micadina fagi Ichikawa & Okada,2008 はシノニムとなった。
.
トップページへ     日本のナナフシへ
inserted by FC2 system